混浴温泉露天風呂へ行こう混浴日記 > 下呂温泉「噴泉池」混浴露天風呂に今年初入浴
2009年03月01日

下呂温泉「噴泉池」混浴露天風呂に今年初入浴

 3月1日(日)は、朝から晴れて良い天気になりました。3月最初の日はやはり混浴へ行こうと思い、岐阜県下呂市の下呂温泉にある共同湯「噴泉池(ふんせんち)」に行きました。

 噴泉池は下呂温泉街の中央を流れる飛騨川に架かる下呂大橋の下にある混浴露天風呂で、誰でも無料で入ることができます。

噴泉池から見る下呂大橋と水明館
 ※画像1=噴泉池から見る下呂大橋と水明館です。

噴泉池の湯船に張られた湯温低下防止の青いビニールシート
 ※画像2=噴泉池の湯船に張られた湯温低下防止の青いビニールシートです。

噴泉池から見る下呂大橋と飛騨川の河川敷
 ※画像3=噴泉池から見る下呂大橋と飛騨川の河川敷です。

 下呂温泉の泉質はアルカリ性単純温泉でお湯がヌルヌルしていて入るとお肌がツルツルになる美人の湯です。さすが日本三名泉のひとつだけあります。ちなみにあとは有馬温泉(兵庫)と草津温泉(群馬)です。地元の方によると噴泉池のお湯は旅館のお湯に比べて下呂温泉で一番良いお湯だそうで、もちろん源泉掛け流しです。お湯は少しだけ硫黄の臭いがしますが、体に臭いはほとんど残らないです。

 噴泉池には脱衣所がないので側にある岩場で衣服を脱いで置くしかありません。また下呂大橋を通行する人から丸見えで昼間入るのにはかなり勇気がいります。そのためか女性のみ水着着用での入浴が認められています。女性の方は夜なら暗くなるので多少は入りやすくなります。

 気温が低い冬季は湯温低下を防止するために青いビニールシートが露天風呂の中に張られて、風の吹き抜けを防止するベニヤ板や露天風呂の中央に仕切りの板があります。この日も湯が注がれている側だけにシートが張ってありました。

 今日は晴れていたので寒くはなくて、たまに吹く風が冷たかったのですが、温泉は40度くらいありちょうど良い湯加減でした。私以外には常に男性が5〜6人入ってましたが、せっかくの混浴なので、女性は来ないかなぁと思っていたら・・・

 たぶん卒業旅行で下呂温泉に遊びに来たような感じの女子大生らしい4人組の女の子たちが近づいてきました。も、もしかして入るの?と少し期待しちゃいました(笑)。しかし、女の子たちは風呂に入っている男性をチラ見しながら川原で遊んでいて、しばらくすると露天風呂には入らずに去ってしまいました。女神は舞い降りず。今年は下呂に何度か来ましたが、噴泉池は今日が今年初めてで初混浴とならず残念でした。

 私は噴泉池にはいつもは夜に入ることが多いのですが、夜だと入浴客が多い土日や祝日はかなりお湯が汚れています。この日はお昼頃に行ったので、朝お湯を全て抜いて清掃をするため、この時間だとまだお湯が30%くらいしか溜まってませんでしたが、お湯はキレイでした。今日は約1時間30分ほど入ってすっかり体も温まったので帰ることにしました。

□関連サイト
下呂温泉公式サイト
下呂温泉観光協会
下呂温泉 - Wikipedia



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 22:33 | Comment(2) | 混浴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
混浴紳士さま
熱いお湯が苦手な私ですが
いつも楽しく拝見させていただいております

ところで
この青いシートですが
湯温低下防止のためということは
表面に張られている感じなのでしょうか?
シートの上にヨッコラセと乗っかるのではなく
どちらかと言うと下に潜り込む感じなんですかね?

だったら
大事なところを
隠すことが出来そうだと思うんですが
どうでしょうか?
Posted by モア伊 at 2009年03月03日 00:43
>モア伊さん
いつもご覧いただきありがとうございます。
青いシートは湯船の水面の上に張られているので、露天風呂に入るときはシートの下に潜りこむ形になります。
ちょうど下半身がシートに隠れることになるので恥ずかしい人にはちょうど良いです。
これなら女性でも昼間に全裸で堂々と入れそうです(笑)
Posted by 混浴紳士@管理人 at 2009年03月03日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。