混浴温泉露天風呂へ行こう温泉ニュース > 奥飛騨温泉郷「平湯温泉」に高さ12M雪回廊が登場
2009年03月04日

奥飛騨温泉郷「平湯温泉」に高さ12M雪回廊が登場

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯の平湯バスターミナルに高さ約12メートルの雪の壁「平湯雪回廊」が登場して、観光客の注目を集めているそうです。

 平湯温泉は高山市街から国道158号線で奥飛騨温泉郷へ向かうと最初にある温泉地です。

 平湯温泉では2月15日(日)〜25日(水)まで「平湯大滝結氷まつり」(平湯温泉観光協会主催)が開催されていました。そのときに造られた巨大かまくらを再利用したそうです。同まつりでは、かまくらバーとして地元酒などを振る舞っていました。

 同協会では、平湯大滝結氷まつりが終了した翌日の26日に重機で巨大かまくらの真ん中を崩して、幅約2メートルの通路を作り、中にある空洞は残った雪で塞いだそうです。

 暖冬のために雪ではなく雨が降ったり気温の上昇によって、元のかまくらよりも一回り小さくなってしまったそうです。

 この雪の回廊は4月中旬まで残す予定にしているそうです。

 3月になって気温が少し下がり雪も降って寒くなりましたが、予報では雪ではなく雨が降るようで晴れれば気温も上がるので、せっかく作られた雪回廊も一気に溶けてしまい4月中旬には跡形も無くなってしまうかもしれません。

 平湯は新穂高温泉へ行くときにいつも通過するのですが、たまに平湯の温泉に立ち寄りで入浴することがあります。神の湯という秘湯感たっぷりで良い感じの露天風呂や、ひらゆの森という温泉施設もあって楽しめます。

 3月中に平湯温泉へ行って入浴する予定なので、その際に雪の回廊が12メートルからどれくらい低くなり小さくなっているのか見たいと思っています。

□関連サイト
平湯温泉旅館協同組合
平湯温泉 - Wikipedia
□参考記事
高さ12メートルの雪の回廊登場 巨大かまくらを再利用(中日新聞)



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 22:38 | Comment(0) | 温泉ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。