混浴温泉露天風呂へ行こう温泉ニュース > 奥飛騨温泉郷「新穂高ロープウェイ」1ヶ月運休
2009年03月18日

奥飛騨温泉郷「新穂高ロープウェイ」1ヶ月運休

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の「新穂高ロープウェイ」が、2009年3月23日(月)〜4月19日(日)までの約1ヶ月の間、保守点検のため運行を全面休止するそうです。

 新穂高温泉にある新穂高温泉駅が第1ロープウェイの乗り場です。

 新穂高ロープウェイは日本一の高度差を誇る第1ロープウェイと第2ロープウェイがあり、第2ロープウェイは日本初の二階建て構造のゴンドラのロープウェイです。

 二階建てゴンドラを導入した1998年7月から10年が経過するためにワイヤー交換など安全面に関わる設備更新を実施するため期間中は第1・第2とも終日運休、関連施設のレストランや売店も休業となるそうです。

 1970年7月の操業開始以来、1ヶ月近く全面運休するのは初めてとのことです。

 中間駅のしらかば平駅前にある新穂高ビジターセンター山楽館に併設されている掛け流しの天然温泉露天風呂「神宝乃湯(かみたからのゆ)」があり大人600円で入浴できます。

 新穂高ロープウェイは3度利用したことがありますが、料金が大人片道1500円、往復2800円とあまり安くないので頻繁に行くことはできませんが、新穂高温泉の混浴で話をした人がロープウェイに行ってきたと言われる方が結構多いです。約1ヶ月間の運休はゴールデンウィーク前には終わりますが、その前に新穂高へ来られる方はお休みしているので注意が必要です。その分たっぷりと奥飛騨の温泉を楽しむのが良いと思います。

□関連サイト
新穂高ロープウェイ
新穂高ロープウェイ - Wikipedia
□関連記事
新穂高温泉「アルペン浴場」で最後の温泉を堪能
佳留萱山荘で温泉と日光浴

■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 22:46 | Comment(0) | 温泉ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ