混浴温泉露天風呂へ行こう混浴日記 > 新穂高温泉 深山荘 混浴露天風呂で遂に
2009年05月23日

新穂高温泉 深山荘 混浴露天風呂で遂に

 5月23日(土)は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉にある温泉宿「深山荘」に日帰り入浴してきました。

 深山荘は、中部山岳国立公園の中に位置する北アルプスに抱かれた蒲田川沿いにたたずむ一軒宿で、野趣あふれる混浴の大露天風呂が魅力です。

深山荘の建物と蒲田川に架かるかじか橋
 ※画像1=深山荘の建物と蒲田川に架かるかじか橋です。

一番上にある深山荘男性専用露天風呂
 ※画像2=一番上にある深山荘男性専用露天風呂です。

真ん中にある男性専用露天風呂と山々の景色
 ※画像3=真ん中にある男性専用露天風呂と山々の景色です。

一番下にある蒲田川沿いの混浴露天風呂
 ※画像4=一番下にある蒲田川沿いの混浴露天風呂です。

深山荘混浴露天風呂と蒲田川下流とかじか橋
 ※画像5=深山荘混浴露天風呂と蒲田川下流とかじか橋です。

 昨日の夜に降っていた雨が上がり今日は朝から晴れていたので、陽気に誘われて昼過ぎから2週間ぶりに新穂高温泉へ出かけました。車で高山インターから国道158号線を走行して約1時間ほどで奥飛騨温泉郷の新穂高温泉へ到着しました。

 今日訪れたのは「深山荘」です(写真1)。ブログで紹介するのは初めてですが、実は結構よく来ています。駐車場に車を止めて蒲田川に架かる吊橋の「かじか橋」を渡って対岸の深山荘へ行きます。日帰り入浴料金は大人500円ですが、今回は温泉博士2009年6月号の温泉手形を利用して無料で入浴しました。

 フロントでスタンプを押してもらい露天風呂に向かいました。手前に女性専用露天風呂「湯華 姫のゆ」があり、奥に3段になっている露天風呂があります。男性用の脱衣場があり、一番上にかけ湯と大きな日よけ傘のようなのが特徴の男性専用露天風呂(写真2)があります。

 温泉の泉質は、単純温泉。フロントの横に掲示されていた温泉分析書によると加水、加温、循環、入浴剤の添加は一切無し。消毒有り(微量の銅イオンで藻の発生を遅らせています)で源泉かけ流しです。お湯は無色透明で少し硫黄の臭いがして消しゴムのカスのような白い湯の華がたくさん浮いています。湯温は日によって熱さが微妙に違いますが、だいたい40℃〜42℃くらいで少し熱めです。

 真ん中の露天風呂も男性専用です(写真3)。ここから川の上流や周りの山々を見渡すことが出来て一番景色が良いです。一番下が蒲田川のすぐ上にある混浴の露天風呂です。混浴から見える景色の上流方向(写真4)と下流方向(写真5)です。

 深山荘の混浴には、8年くらい前にネットで知り合って、いつも今年こそは温泉で会いたいですねと語っていた友達カップルに遂に初めて会うことができました。いつもすれ違いやタイミングが合わなかったのに、アポなしで会えたのは凄い偶然です。温泉談義に花が咲いたのは言うまでもありません。

 混浴露天風呂は水着やバスタオルの着用も可能で女性は安心して入ることができるのでお勧めです。新緑の山々と雪解けで水量の増した蒲田川などの大自然と、源泉かけ流しの良い温泉に入って心も体も癒されて大満足して帰ることにしました。

□関連サイト
深山荘
□関連記事
新穂高温泉で女性と混浴を楽しむ



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 22:50 | Comment(2) | 混浴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土曜は偶然の出会いにビックリでしたね。
ようやくお会いできた〜って感じです。
またご一緒しましょう^^
Posted by だがね at 2009年05月25日 17:44
>だがねさん
まさかこの日お会いできるとは思っていませんでしたので凄い偶然に驚きました。
ネットで知り合ってから会えるまでほんと長かったですね〜(^o^)
またご一緒できるのを楽しみにしてます♪
Posted by 混浴紳士@管理人 at 2009年05月25日 18:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。