混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 山中温泉 かがり吉祥亭に日帰り入浴
2009年06月07日

山中温泉 かがり吉祥亭に日帰り入浴

 6月6日(土)は、石川県加賀市山中温泉「かがり吉祥亭」に日帰り入浴してきました。

 山中温泉は、1300年前に白山の開祖・行基によって開湯された歴史を持ち、かの松尾芭蕉が有馬、草津と並び扶桑三名湯と称し愛した温泉です。かがり吉祥亭は、鶴仙渓こおろぎ橋に佇む開業1周年を迎えた加賀モダンな温泉宿です。

かがり吉祥亭の玄関
 ※画像1=かがり吉祥亭の玄関です。

天然温泉大浴場男湯百間の湯内風呂
 ※画像2=天然温泉大浴場男湯百間の湯内風呂です。

かがり吉祥亭露天風呂
 ※画像3=かがり吉祥露天風呂です。

露天風呂
 ※画像4=露天風呂です。

露天風呂と鶴仙渓の川と新緑の木々の景色
 ※画像5=露天風呂と鶴仙渓の川と新緑の木々の景色です。

 この日は当初、両方とも初めて訪れる福井県あわら温泉と石川県山中温泉の2湯を巡る予定にしていました。中部縦貫道の高山インターから東海北陸自動車道の飛騨清見インターそして北陸自動車道の金津インターまで走行しました。高速の途中に尼御前SA(サービスエリア)でお昼を食べました。

 約3時間10分ほどかかって福井県あわら市あわら温泉の温泉宿「米和」へ行ったのですが、宿泊客のみで日帰り入浴は出来ませんと断られ入浴拒否をされて唖然としました。事前に電話連絡をして確認をしなかった私も悪いのかもしれませんが、だったら温泉博士に掲載するなよ(怒)遠い所からわざわざここまで来たのだから、往復のガソリン代金と高速料金を補償してくれと言いたい気分でした。

 温泉に入れないのは仕方がありません。ここは大人なのでぐっと込み上げてくる感情を抑えながら気を取り直して、あわら温泉から一般道で山中温泉「かがり吉祥亭」へ向かうことにしました。もしものことを考えて携帯電話から日帰り入浴が出来るか確認をすると女性従業員が「はい大丈夫です。お待ちいたしております。お気をつけてお越し下さい」と、とても丁寧な対応をしてくれて、冷たく入浴拒否をした「米和」とはえらい違いだなと思いました。

 高山市を出発してようやく山中温泉「かがり吉祥亭」に到着しました(画像1)。とんだ無駄足を踏んだあわら温泉に寄ったため走行距離は約210キロ、所要時間は4時間かかりました。ちなみにあわら温泉からここまで約45分かかりました。山中温泉はいかにも温泉街という風情と情緒がありました。かがり吉祥亭は開業1周年なので、新しくてとても綺麗な建物で高級感あふれる湯宿でした。

 日帰り入浴料金は大人1000円ですが、今回は温泉博士2009年6月号の温泉手形を利用して無料で入浴しました。フロントでスタンプを押してもらい大浴場へ行きました。フロントが6階で大浴場は1階にあるのでエレベーターで下りました。

 1階へ行くと大浴場の男湯は「百間の湯」、女湯は「白鳥の湯」と看板が出てました。大浴場は岩に囲まれた内風呂が2つありました(画像2)。温泉は、無色透明で少し塩素の臭いがしましたが気になるほどではありませんでした。脱衣所に掲示されていた温泉分析表によると、泉質はカルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉、加水あり、加温あり、循環ろ過装置使用、塩素系薬剤を使用しているとのことでした。湯温は湯が注がれている左側の内湯は41℃くらいで少し熱めでした。

 外に出ると露天風呂があって、小さめの露天が2つありました。画像3が下の露天、画像4が上の露天です。湯温は40℃くらいでした。露天風呂から見える景色は鶴仙渓の川と新緑の木々です(画像5)。そして露天風呂に入っていると話声が聞こえてきたので、よく見ると川向こうの遊歩道を歩いている人たちが見えました。露天風呂が丸見えなので、裸を見られたかも…(苦笑)。

 混浴はありませんが、1時間ほどのんびりと温泉に浸かって帰ることにしました。温泉はこれと言って特徴はありませんが、宿が綺麗だったのと帰るときに従業員がみんな「ありがとうございました」と笑顔で挨拶をしてくれてとても印象が良かったので、いつか泊まりで訪れてみたいと思いました。

 石川県加賀地方の加賀温泉郷の温泉は初めて入浴しましたが、今回の山中温泉のほかに粟津、片山津、山中とあるので機会があれば湯巡りをしてみたいと思います。

□関連サイト
かがり吉祥亭
山中温泉観光協会
山中温泉 - Wikipedia
□関連記事
渤海温泉「シーサイドヴィラ渤海」に日帰り入浴
なかじま猿田彦温泉「国民宿舎 能登小牧台」海を眺めて温泉を満喫

■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 16:55 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ