混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 別所温泉「臨泉楼 柏屋別荘」に日帰り入浴
2009年06月26日

別所温泉「臨泉楼 柏屋別荘」に日帰り入浴

 6月24日(水)は、長野県上田市の温泉を巡ってきました。1湯目の鹿教湯温泉「河鹿荘」に続いて2湯目は別所温泉「臨泉楼 柏屋別荘」に日帰り入浴してきました。

 別所温泉は、鎌倉時代に周辺の塩田平を本拠とした信濃北条氏(塩田北条氏)建立による国宝八角三重塔を有する安楽寺や、北向観音などの古い社寺仏閣が多いことから、信州の鎌倉とも呼ばれている温泉街です。臨泉楼 柏屋別荘は、四千坪の敷地につつじ庭を囲むように木造四階建ての本館と別棟2つと離れからなる離れ形式の温泉宿です。

臨泉楼 柏屋別荘本館の建物と玄関
 ※画像1=臨泉楼 柏屋別荘本館の建物と玄関です。

臨泉楼 柏屋別荘大浴場殿方湯「金采の湯」内風呂
 ※画像2=臨泉楼 柏屋別荘大浴場殿方湯「金采の湯」内風呂です。

臨泉楼 柏屋別荘露天風呂
 ※画像3=臨泉楼 柏屋別荘露天風呂です。

露天風呂から見える景色
 ※画像4=露天風呂から見える景色です。

 最初に入浴した河鹿荘を出発して、平井寺トンネル(有料道路)を走行して別所温泉に向かいました。温泉街の奥の方へ行くと「臨泉楼 柏屋別荘」がありました(画像1)。別所温泉に訪れるのは今回が初めてです。鹿教湯温泉から20キロ、所要時間は26分でした。

 中に入ると歴史を感じさせる古い建物で高級な老舗の温泉宿という雰囲気でした。 日帰り入浴料金は大人1050円ですが、今回は温泉博士2009年7月号の温泉手形を利用して無料で入浴しました。フロントでスタンプを押してもらい女性従業員の方に浴場の入口まで案内してもらいました。

 男湯大浴場は殿方の湯「金采の湯」(きんさいのゆ)と入口に書かれていました。大浴場内風呂です(画像2)。内風呂と洗い場の床には畳が敷かれていました。温泉は無色透明ですが、かすかに硫黄の臭いがしました。湯の花はありませんでした。注がれているお湯の上にコップが置かれていて飲泉が出来るので、飲んでみたら少し硫黄の味がしましたがとても体に良さそうな感じがしました。湯温は41℃くらいで少し熱めでした。

 外に出ると露天風呂がありました(画像3)。湯温は42℃くらいで熱めで、こちらのお湯も飲用可能でした。すぐ近くに旅館の建物があり木々が見えるだけで景色はよくありませんでした(画像4)。内風呂も露天風呂も思ってたより小さくて3〜5人が一度に入れる程度でした。

 温泉は源泉かけ流しでとても良かったのですが、お湯は熱めだしお風呂は広くないのであまりのんびり入れる気分になれず、日帰り入浴するには堅苦しい雰囲気だったので、洗い場で体をさっと洗って30分ほど滞在しただけで上がることにしました。

 混浴はありませんが、別所温泉に泊まるにはとても良い温泉宿です。また機会があれば別所温泉に訪れてみたいと思いました。

●温泉データ
・施設名:臨泉楼 柏屋別荘
・住所:長野県上田市別所温泉1776
・電話番号:0268-38-2345
・入浴料:大人1050円、小人735円
・日帰り入浴時間:11:00〜20:00
・休館日:
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。

・源泉名:別所温泉4号源泉
・泉質:単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)
・泉温:50.9℃
・加水:なし
・加温:なし
・循環利用:なし
・消毒処理:なし
・入浴剤の使用:なし
・温泉施設の内容:男女別大浴場、露天風呂あり、貸切家族風呂(45分2100円)
・混浴:なし
・その他:源泉100%かけ流し

□関連サイト
別所温泉 臨泉楼 柏屋別荘ホームページ
別所温泉観光協会
別所温泉旅館組合
別所温泉 - Wikipedia
□関連記事
鹿教湯温泉 河鹿荘で女性と混浴

■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 00:10 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ