混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 平湯温泉 神の湯 奥飛騨温泉郷露天風呂の日1湯目
2009年06月27日

平湯温泉 神の湯 奥飛騨温泉郷露天風呂の日1湯目

 6月26日(金)は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷で6.26にちなんで行われる毎年恒例の「露天風呂の日」に参加して、露天風呂を湯巡りしました。1湯目は平湯温泉「神の湯」に入浴しました。

 神の湯は、平湯温泉発祥の地で、人里離れた山の中にあり奥飛騨らしい趣と秘湯の雰囲気をたっぷりと味わうことのできる共同露天風呂です。

神の湯受付と売店
 ※画像1=神の湯受付と売店です。

神の湯男湯入口と脱衣所
 ※画像2=神の湯男湯入口と脱衣所です。

神の湯男湯露天風呂右側
 ※画像3=神の湯男湯露天風呂右側です。

神の湯男湯露天風呂左側
 ※画像4=神の湯男湯露天風呂左側です。

 毎年6月26日に行われている奥飛騨温泉郷の露天風呂の日に参加するのは今回が3回目です。高山市を出発して国道158号線を走行して平湯温泉まで行き、安房峠に向かう道路の途中に神の湯の看板があり、右折して細い道を上がっていくと駐車場があります。そしてすぐに神の湯の受付と売店があります(画像1)。神の湯に入浴するのは2年ぶり通算6度目です。走行距離は約40キロ、所要時間は約40分でした。

 普段であれば入浴料金は大人500円ですが、露天風呂の日は無料開放されています。受付で「露天風呂の日」のスタンプ帳を貰い(すでに神の湯のスタンプは押してありました)1〜2分ほど歩いていくと男湯入口と脱衣場が見えてきました(画像2)。男湯のすぐ近くに貸切風呂があってさらに上に女湯があります。

 脱衣所で服を脱いで露天風呂へ行くと、10人くらいが入浴していました。湯船は結構大きいので10人〜15人位はいっぺんに入れると思います。お風呂には二箇所からお湯が注がれています(画像3、4)。

 温泉は、少し白く濁っていて硫黄の臭いがします。細かくて白い湯の花がお湯の中にたくさん浮いてました。湯温は40℃くらいでちょうど良い湯加減でした。注がれているお湯に直接触ると少し熱かったです。

 混浴ではありませんが、大自然に囲まれ山の景色を眺めながらのんびり入れ秘湯ムードたっぷりで温泉も良いので、お気に入りの露天風呂です。次の露天風呂に行くために20分くらいで上がることにしました。この日の2湯目の温泉の紹介は次回更新でアップしますのでお楽しみに。

●温泉データ
・施設名:神の湯
・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉神の湯
・電話番号:0578-89-3448
・入浴料:大人500円、小人300円
・日帰り入浴時間:7:00〜19:00
・休館日:11月中旬〜4月中旬冬季休業(時間変更あり。不定休)
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。

・源泉名:不明
・泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
・泉温:不明
・加水:あり
・加温:なし
・循環利用:なし
・消毒処理:なし
・入浴剤の使用:なし
・温泉施設の内容:男女別露天風呂、貸切風呂(40分1000円)
・混浴:なし
・その他:源泉かけ流し(温泉分析表が見当たらなかったため詳しいデータ不明)

□関連サイト
奥飛騨温泉郷観光協会 6.26 露天風呂の日のご案内
平湯温泉 - 奥飛騨温泉郷
平湯温泉旅館協同組合
平湯温泉 - Wikipedia
□関連記事
平湯温泉 アルプス街道平湯 日帰り入浴2回目
平湯温泉「平湯館」に日帰り入浴
平湯温泉「アルプス街道平湯」に日帰り入浴



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 00:10 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。