混浴温泉露天風呂へ行こう混浴日記 > 親谷温泉 親谷の湯 混浴露天風呂に初入湯
2009年07月06日

親谷温泉 親谷の湯 混浴露天風呂に初入湯

 7月5日(日)は、石川県白山市中宮にある親谷温泉(おやだにおんせん)「親谷の湯(おやだにのゆ)」の混浴露天風呂に初入湯してきました。

 親谷の湯は、白山スーパー林道の途中にある無料で入れる混浴の露天風呂です。白山スーパー林道は、岐阜県大野郡白川村鳩谷地内から石川県白山市尾添地内を結ぶ全長33.331キロメートルの有料道路です。

白山スーパー林道・蛇谷園地駐車場
 ※画像1=白山スーパー林道・蛇谷園地駐車場の親谷の湯へ向かう階段口と看板です。

おやだにの湯露天風呂の看板
 ※画像2=おやだにの湯露天風呂の看板です。

親谷の湯混浴露天風呂
 ※画像3=親谷の湯混浴露天風呂です。

露天風呂に注がれている源泉
 ※画像4=露天風呂に注がれている源泉です。

親谷の湯と下を流れる川
 ※画像5=親谷の湯と下を流れる川です。

親谷の湯から見る姥ヶ滝
 ※画像6=親谷の湯から見る姥ヶ滝です。

親谷湯自噴と野湯、岩から温泉が噴出
 ※画像7=親谷湯自噴と野湯です。岩から温泉が噴出しています。

 今日は以前から行こうと思っていた石川県唯一?の混浴「親谷の湯」に初めて行くことにしました。中部縦貫道の高山インターから飛騨清見インターへ行き(無料区間)東海北陸道で白川郷インターまでETC休日割引を利用して半額で行きました。

 白川郷インターを下りて白山スーパー林道の入口看板から入り、岐阜県側の馬狩料金所で片道の通行料を払いました。7、8月は特別割引を実施していて2割引でした。2ヶ所の温泉入浴割引券、さらにミネラルウォーターの500mlペットボトルが1本もらえました。

 白山スーパー林道を走行するのは初めてです。三方岩駐車場(標高1445m)を過ぎてトンネルの途中で石川県の看板があり、ずっと下っていくと目的地の蛇谷園地駐車場がありました(画像1)。看板に親谷の湯『露天風呂は混浴です』となかなかそそることが書いてあります(笑)高山インターから約70キロ、所要時間は1時間30分でした。

 案内看板によると駐車場から親谷の湯近くにある姥ヶ滝観瀑台まで553m、往路15分、復路20分とありました。遊歩道はコンクリートで舗装はされていますが、急な階段で少し斜めになっているので注意しないと足元が危ないです。

 遊歩道を歩いてようやく「おやだにの湯 露天風呂」の看板がありました(画像2)。ここまで約8分ほどで思ったより早く来れました。脱衣所は露天風呂の近くにはありませんが、姥ヶ滝観瀑台の男子トイレの横に脱衣所として簡易テントがあるので、女性はそこで着替えたほうが良いと思います。

 露天の入口で服を脱いで岩の上に置き、露天風呂に入りました(画像3)。親谷温泉「親谷の湯」に記念すべき初入湯です。先客は男性1人と熟年夫婦1組がいて、奥様は残念ながら水着を着用していました。入っているとカップル数組の若い女性は来るけど、ちらっと風呂を覗いていくだけで入りませんでした。

 温泉のお湯は無色透明で、臭いもほとんどありませんでした。注がれている源泉はかなり熱かったです(画像4)。しかし、ここ何日か清掃されてないようで、露天風呂の底の岩がヌルヌルで何度も転びそうになり、岩にはたくさんの藻が付着していて、お湯にも藻のカスのような茶色っぽいゴミがたくさん浮遊していたので少しガッカリしました。後から来たおじさんが風呂に入った途端、足を滑らせて顔面からお湯に入っておぼれそうになっていました。

 露天風呂の中央にある竹筒は、湯加減を調整するためにあり、ぬるければ源泉を湯船に入れ、熱ければ源泉を外に出すようになっています(画像5)。湯温は41℃くらいの少し熱めで、源泉の近くは42℃以上あってかなり熱かったです。露天風呂からは姥ヶ滝を眺めながらのんびりと気持ち良く入れます(画像6)。

 一緒に入っていた男性が「奥の方の河原に温泉が自噴している場所があって、寝ながら入れる野湯がありますよ」と教えてくれたので、一旦露天風呂から上がって服を着て、そこへ行ってみることにしました。親谷の湯から約30メートルほど奥の河原へ行くと3、4ヶ所から温泉が噴出していました(画像7)。

 河原で服を脱いで全裸になり野湯に入ろうかと思いましたが、寝られそうなところは熱く、一ヶ所は川の水が入り込みとても入れそうもなく、後は対岸に広ろめの良さそうな場所があったので、裸のまま川を渡りましたが、思ったよりぬるかったので裸なのに足だけ入って足湯しました(苦笑)

 親谷湯自噴で悪戦苦闘していると汗をかいたので、もう一度親谷の湯の露天に入ることにしました。2時間ほど滞在して姥ヶ滝を見ながら親谷温泉の混浴を十分楽しんだので上がることにしました。

 帰りは白山スーパー林道の石川県側の中宮料金所の手前まで行き、そこからUターンをして途中の滝や景色を見ながら帰りました。温泉と自然を満喫できて良い一日になりました。今度は違う季節にまた親谷の湯に入浴したいと思います。

●温泉データ
・施設名:親谷の湯
・住所:石川県白山市中宮才11番地の2
・電話番号:076-256-7341(白山林道石川管理事務所)
・入浴料:無料(白山スーパー林道通行料が必要)
・日帰り入浴時間:7:00〜18:00(6月〜8月)
 8:00〜17:00(9月〜11月)
・休館日:
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。

・源泉名:親谷温泉(1号源泉)
・泉質:ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(低張性アルカリ性高温泉)
・泉温:99.0℃
・加水:なし
・加温:なし
・循環利用:なし
・消毒処理:なし
・入浴剤の使用:なし
・温泉施設の内容:混浴露天風呂1
・混浴:あり
・その他:源泉100%かけ流し、姥ヶ滝観瀑台に男女別トイレ、脱衣所あり

□関連サイト
白山スーパー林道
白山スーパー林道 - Wikipedia
石川県農林業公社

■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 20:20 | Comment(0) | 混浴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ