混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 信州平谷温泉 ひまわりの湯
2009年07月25日

信州平谷温泉 ひまわりの湯

 7月24日(金)は、長野県下伊那郡平谷村にある信州平谷温泉(しんしゅうひらやおんせん)「ひまわりの湯」に日帰り入浴してきました。

 信州平谷温泉ひまわりの湯は、国道153号線沿い標高1000メートルにある道の駅「信州平谷」に隣接する日帰り温泉施設です。お風呂は信州一広いと名高い露天風呂で、泉質はナトリウム炭酸水素塩温泉(重曹泉)で美人の湯とも言われています。

信州平谷温泉ひまわりの湯玄関入口
 ※画像1=信州平谷温泉ひまわりの湯玄関入口です。

ひまわりの湯大浴場内湯
 ※画像2=ひまわりの湯大浴場内湯です。

ひまわりの湯露天風呂右側の打たせ湯
 ※画像3=ひまわりの湯露天風呂右側の打たせ湯です。

ひまわりの湯露天風呂左側の洗い場
 ※画像4=ひまわりの湯露天風呂左側の洗い場です。

ひまわりの湯露天風呂全景
 ※画像5=ひまわりの湯露天風呂全景です。

 高山市を出発して一般道を走行、下呂市〜中津川市〜長野県南木曽町〜清内路村〜阿智村〜平谷村と走って、ようやく信州平谷温泉ひまわりの湯に到着しました(画像1)。平谷村に訪れたのは今回が初めてで、ひまわりの湯は初入浴です。高山インターからの走行距離は約160キロ、所要時間は3時間ほどかかりました。思ったよりかなり遠かったです。

 日帰り入浴料金は、大人600円ですが、今回は温泉博士2009年8月号の温泉手形を利用して無料で入浴しました。受付でスタンプを押してもらい大浴場へ行きました。

 大浴場男湯の内湯です(画像2)。内湯は広々としていて窓が大きくてとても開放感があります。湯船は2つで気泡浴や寝湯とサウナなどがありました。湯温は41℃の熱めと、もう1つは40℃くらいでした。

 外に出ると露天風呂がありました。露天の右側には打たせ湯(画像3)、左側には洗い場(画像4)がありました。南信州屈指の広さを誇る露天風呂と言うだけあってとても広いです(画像5)。

 温泉のお湯は、肌触りがヌルヌルしていて、お湯から上がってもまるでローションを塗ったように体がヌルヌルしました。下呂温泉のお湯よりもスベスベで、まさに美人の湯でとても良かったです。湯温は40〜41℃くらいで、少し塩素の臭いがしましたが気になるほどではありませんでした。

 ひまわりの湯は混浴ではありませんが、水着で入る温水プールや宿泊施設も併設されています。南信州の山と自然の景色を眺めながらのんびり入ることが出来ました。約1時間40分ほど滞在して温泉を十分満喫したので帰ることにしました。

●温泉データ
・施設名:信州平谷温泉 ひまわりの湯
・住所:長野県下伊那郡平谷村250番地
・電話番号:0265-48-2911
・入浴料:大人600円、小人300円
・日帰り入浴時間:10:00〜21:00
・休館日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。

・源泉名:平谷温泉
・泉質:ナトリウム炭酸水素塩泉
・泉温:34.2℃
・加水:なし
・加温:あり
・循環利用:循環ろ過装置使用
・消毒処理:次亜塩素ソーダ使用
・入浴剤の使用:なし
・温泉施設の内容:男女別浴場、露天風呂あり
・混浴:なし
・その他:レストラン「ひまわり亭」、温水プール「ひまわりプール」(4月末〜9月末)、宿泊施設「ひまわりの館」

□関連サイト
信州平谷温泉 - ようこそひまわりの湯へ
南信州・観光の村〜平谷村ホームページ
南信州・平谷高原の観光情報【ぴーかん.net】
平谷村 - Wikipedia
□関連記事
信州木曽福島代山温泉 せせらぎの四季



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 16:30 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。