混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > しきぶ温泉 湯楽里 日帰り入浴
2009年08月10日

しきぶ温泉 湯楽里 日帰り入浴

 8月8日(土)は、福井県嶺北(越前地方)の温泉巡りをしました。1湯目の「渓流温泉 冠荘」に続いて2湯目は福井県越前市(旧武生市)にある「しきぶ温泉 湯楽里」に日帰り入浴してきました。

 しきぶ温泉 湯楽里(ゆらり)は、深々とした緑の木立に囲まれた静けさに浸れる隠れ家のような温泉宿です。温泉は皮膚の脂肪や分泌物をよく乳化して洗い流し、肌が滑らかになることから美人の湯といわれています。

しきぶ温泉 湯楽里の建物と入口
 ※画像1=しきぶ温泉 湯楽里の建物と入口。

湯楽里展望浴場内湯
 ※画像2=湯楽里展望浴場内湯。

湯楽里ジャグジー風呂
 ※画像3=湯楽里ジャグジー風呂。

しきぶ温泉 湯楽里露天風呂
 ※画像4=しきぶ温泉 湯楽里露天風呂。

 最初に入浴した“冠荘”を出発して、一般道で越前市に入り国道8号線から少し入った小高い丘を向かって行くと“しきぶ温泉 湯楽里”に到着しました(画像1)。冠荘からの距離は37キロ、所要時間は45分でした。越前市を訪れるのは高速で素通りしてばかりで立ち寄るのは旧武生市の頃も含めて今回が初めてです。

 日帰り入浴料金は、大人500円ですが、今回は温泉博士2009年8月号の温泉手形を利用して無料で入浴しました。受付でスタンプを押してもらい展望浴場へ行きました。1階から2階の展望浴場へは長さ60メートルの斜行エレベーターに乗って行きます。ゆっくりと2〜3分ほどかけて昇り浴場に着きました。

 展望浴場は、高温から低温まで温度の違う5つの浴槽が設置されていて、他にジャグジーや寝湯、打たせ湯、薬湯など合計12種類の浴槽がありました。43℃の内湯です(画像2)。温泉は無色透明で少し塩素の臭いがして、肌さわりが少しヌルヌルしていました。

 展望浴場で一番大きな湯船のジャグジー風呂です(画像3)。これだけ湯温の違う浴槽がいくつもある温泉施設はとても珍しいです。しっかり全部入りましたが、38℃と40℃のお風呂に交互に入るとちょうど良い感じでした。浴場内は省エネのために照明を消して節約しているみたいでしたが、少し暗かったのでもう少し明るくして欲しかったです。

 外に出ると露天風呂(外気浴)と打たせ湯がありました(画像4)。景色は敷地内の緑が見える程度で眺めは良くありませんでした。また湯船も2人ほどしか入れない小さい浴槽で、打たせ湯はお湯が出てませんでした。

 湯楽里には混浴はありませんが、温泉に入りながら一日のんびり過ごすには良い施設だと思います。温泉宿と言うよりは、日帰り温泉施設と言った感じでした。ゆっくりと温泉を満喫することが出来たので、1時間30分ほど滞在して帰ることにしました。帰りは北陸自動車道の武生インターから高速に乗って高山インターまで走行しました。ETC休日割引で1000円でした。お盆休みに入りいつもより交通量は多かったですが渋滞もなくスムーズでした。

●温泉データ
・施設名:しきぶ温泉 湯楽里
・住所:福井県越前市白崎町68-8
・電話番号:0778-25-7800
・入浴料:大人600円、小人300円(9:30〜17:00)
・日帰り入浴時間:6:00〜23:00
・休館日:
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。

・源泉名:さんさん愛ランドたけふ温泉
・泉質:ナトリウム−炭酸水素塩泉(低張性アルカリ性高温泉)
・泉温:42.2℃
・加水:なし
・加温:あり(35度浴槽、打たせ湯以外)
・循環利用:循環ろ過装置使用(打たせ湯以外)
・消毒処理:塩素系薬剤使用(打たせ湯以外)
・入浴剤の使用:なし
・温泉施設の内容:男女別浴場、露天風呂あり
・混浴:なし
・その他:レストラン、宿泊施設

□関連サイト
しきぶ温泉 湯楽里
越前市
越前市 - Wikipedia
□関連記事
渓流温泉 冠荘 日帰り入浴
鷹巣温泉 国民宿舎 鷹巣荘
美山森林温泉 みらくる亭 日帰り入浴




■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 16:35 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。