混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 春日温泉 かすが荘 日帰り入浴
2009年08月13日

春日温泉 かすが荘 日帰り入浴

 8月12日(水)は、長野県佐久市春日(旧北佐久郡望月町春日)にある「信州 春日温泉 かすが荘」に日帰り入浴してきました。

 かすが荘は、蓼科山の裾野につつまれ南に蓼科山、北に浅間山を望む静かな大自然の中に佇む、開湯から三百八十余年の歴史を誇る、かけ流しの湯量豊富な美肌の湯が自慢の温泉宿です。

信州 春日温泉 かすが荘の建物と玄関
 ※画像1=信州 春日温泉 かすが荘の建物と玄関。

かすが荘中浴場の内湯
 ※画像2=かすが荘中浴場の内湯。

かすが荘露天風呂白樺ノ湯
 ※画像3=かすが荘露天風呂白樺ノ湯。

露天風呂から見える景色
 ※画像4=露天風呂から見える景色。

 高山市を出発して一般道のみを走行、国道158号線で長野県松本市まで行き松本トンネルと三才山トンネルの有料道路を通過して上田市〜長和町〜立科町〜佐久市と行き、“春日温泉 かすが荘”に到着しました(画像1)。走行距離は156キロ、所要時間は3時間15分でした。かすが荘もですが佐久市の温泉に入浴するのは今回が初めてです。

 日帰り入浴料金は、大人700円ですが、今回は温泉博士2009年8月号の温泉手形を利用して無料で入浴しました。受付でスタンプを押してもらい大浴場へ行きました。

 かすが荘は大浴場と中浴場のそれぞれ違った趣のある露天風呂があって、日替わりで利用でき夜12時に入れ替わるそうです。この日は中浴場が男湯でした。中浴場の内湯です(画像2)。

 内湯の温泉は、2種類あって手前の湯船が泡風呂になっていて春日温泉(共同加熱)で、湯温が41℃ほどで少し熱めアルカリ性単純泉で開湯が延宝年間(約300年前)で独特の臭い(硫化水素臭)が少ししました。

 奥の湯船は、かすが荘の湯で単純泉で無色透明で無臭でした。さらっとした柔らなお湯で湯温は39℃くらいのぬるめだったので、ゆっくり入ることが出来ました。どちらも源泉かけ流しの天然温泉でとても良いお湯でした。

 外に出ると露天風呂がありました(画像3)。湯温は38℃とかなりぬるめで入浴客が多いためかお湯の上に少しゴミが浮いていたのが気になりました。露天からは緑が豊かな景色が見えました(画像4)。

 かすが荘に混浴はありませんが、貸切の家族風呂があります。宿の館内はとても綺麗で歴史のある天然かけ流しの温泉にゆっくり入ってとても満足しました。1時間20分ほど滞在して帰ることにしました。かすが荘は泊りで訪れたいと思えるお勧めの温泉宿です。

●温泉データ
・施設名:春日温泉 かすが荘
・住所:長野県佐久市春日2258-1
・電話番号:0267-52-2111
・入浴料:大人700円
・日帰り入浴時間:10:00〜20:00
・休館日:
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。

・源泉名:春日温泉
・泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性温泉)
・泉温:25.0℃
・加水:なし
・加温:あり
・循環利用:なし
・消毒処理:次亜鉛素酸ナトリウム
・入浴剤の使用:なし


・源泉名:東京聖徳学園 春日温泉
・泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性温泉)
・泉温:41.4℃
・加水:なし、露天あり
・加温:あり
・循環利用:循環ろ過装置使用、露天かけ流し
・消毒処理:次亜鉛素酸ナトリウム
・入浴剤の使用:なし
・温泉施設の内容:男女別浴場、露天風呂あり
・混浴:なし
・その他:家族風呂(予約制)

□関連サイト
信州 春日温泉 かすが荘
佐久市ホームページ
佐久市 - Wikipedia
□関連記事
奥蓼科温泉 蓼科パークホテルに日帰り入浴
立科温泉 権現の湯



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 01:20 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。