混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 南飛騨馬瀬川温泉 美輝の里 スパー美輝
2009年10月02日

南飛騨馬瀬川温泉 美輝の里 スパー美輝

 10月1日(木)は、岐阜県下呂市馬瀬西村にある「南飛騨馬瀬川温泉 美輝の里 スパー美輝」に日帰り入浴してきました。

 美輝の里とは、南飛騨の山あいの緑と清流馬瀬川の大自然に囲まれた宿泊施設「ホテル美輝」に併設された緑の中の露天風呂と室内大浴場十五種類の温泉浴が楽しめる温泉施設「スパー美輝」があります。

美輝の里入口
 ※画像1=美輝の里入口。

スパー美輝男湯大浴場内湯
 ※画像2=スパー美輝男湯大浴場内湯。

本日の薬用露天風呂は備長炭でした
 ※画像3=本日の薬用露天風呂は備長炭でした。

スパー美輝男湯露天風呂と山々の景色
 ※画像4=スパー美輝男湯露天風呂と山々の景色。

 高山市を出発して国道41号線を走行して下呂市萩原町から県道で下呂市馬瀬へ行き、“道の駅馬瀬 美輝の里”から坂を上がって行くと「美輝の里」の建物があります。高山インターからの走行距離は56キロ、所要時間は1時間でした。

 スパー美輝に入浴するのは今年5月18日以来4ヶ月半ぶり通算6回目くらいです。駐車場に車を止めてから少し歩き入口から中へ入りました(画像1)。日帰り入浴料金は大人700円ですが、今回は温泉博士2009年10月号の温泉手形を利用して無料で入浴しました。フロントでスタンプを押してもらい階段を下りて男湯大浴場へ行きました。

 スパー美輝は男湯と女湯の入れ替えはありません。内湯の造りはほとんど同じですが、露天風呂の造りはかなり違います。男湯大浴場内湯です(画像2)。内湯はぬる湯、深湯、寝湯、ミストサウナ、ドライサウナ、肩打たせ湯、腰打たせ湯、気泡浴、箱蒸しなど15種類があります。温泉は無色透明で滑らかで肌触りがヌルヌルしている美人の湯です。前回は少し塩素の臭いがしましたが、今回はほとんど臭いませんでした。

 内湯から外に出ると露天風呂が2つあります。薬用露天風呂は日替わりで本日は“備長炭”でした(画像3)。半月型をした露天風呂からは山々の大自然の景色を眺めながら入ることができます(画像4)。露天風呂は両方とも湯温が40℃くらいでちょうど良い湯加減でした。内湯と同じようにお湯がヌルヌルしていて、とても気持ち良かったです。

 スパー美輝には混浴はありませんが、内湯は広くて種類が多いので飽きることがなく泉質も良いのでお勧めの温泉施設です。温泉から上がった後は2階にある無料の休憩所で休んで約2時間ほど滞在して帰ることにしました。

●温泉データ
・施設名:美輝の里 スパー美輝
・住所:岐阜県下呂市馬瀬西村1695
・電話番号:0576-47-2641
・入浴料:大人700円、小人400円(19時より大人500円、小人300円)
・日帰り入浴時間:10:30〜21:30(受付終了21:00)
・休館日:2009年12月24〜25日、2010年1月18〜2月9日、5月31〜6月1日
・交通アクセス:中部縦貫自動車道高山ICより国道41号線で約60分
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。
・源泉名:南飛騨馬瀬川温泉
・泉質:アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性低温泉)
・泉温:31.9℃
・pH値:9.98
・加水:なし
・加温:あり
・循環利用:循環ろ過装置使用
・消毒処理:塩素消毒系薬剤使用
・入浴剤の使用:なし
・飲用:不可
・温泉施設の内容:男女別浴場、露天風呂あり
・混浴:なし
・その他:無料休憩室(麺類などの飲食販売あり)、レストラン

□関連サイト
*美輝の里* 日帰り温泉スパー美輝 宿泊施設美輝の里
道の駅馬瀬 美輝の里 - Wikipedia
馬瀬村 - Wikipedia
□関連記事
南飛騨馬瀬川温泉「美輝の里 スパー美輝」に日帰り入浴



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 22:22 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。