混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 坂巻温泉 坂巻温泉旅館
2010年04月22日

坂巻温泉 坂巻温泉旅館

 2010年4月17日(土)は、長野県松本市安曇の湯めぐりをしました。1湯目は長野県松本市安曇上高地にある坂巻温泉「坂巻温泉旅館」に日帰り入浴してきました。

 坂巻温泉は、中部山岳国立公園として日本有数の景勝を誇る上高地の入口、梓川渓谷沿いに佇む一軒宿で日本秘湯を守る会会員でもある温泉旅館です。

坂巻温泉建物外観
 ※画像1=坂巻温泉建物外観。

坂巻温泉男性用露天風呂「殿湯」
 ※画像2=坂巻温泉男性用露天風呂「殿湯」。

露天風呂殿湯
 ※画像3=露天風呂殿湯。

坂巻温泉内湯
 ※画像4=坂巻温泉内湯。

 高山市から国道158号線を走行、奥飛騨温泉郷の平湯インターから中部縦貫自動車道・安房峠道路(安房トンネル)を通行して(通行料は軽自動車ETC割引で300円)長野県松本市安曇に出てトンネルをいくつか抜けると右側に「坂巻温泉旅館」の建物があります(画像1)。こちらの温泉宿に入浴するのは2007年5月12日以来3年ぶり2回目で当ブログで紹介するのは初めてです。高山インターからの走行距離は約46キロ、所要時間は約50分でした。

 日帰り入浴料金は大人500円ですが、今回は「東海じゃらん2010年3月号」おでかけマル得クーポンを利用して100円で入浴しました。フロントでクーポンと100円を渡して露天風呂へ向かいました。ちなみにクーポン1枚で2名まで有効なので2人でも100円で入浴することができます。

 フロントから右の通路を奥へ歩いて行きドアを開けて階段を下りると露天風呂があります。手前に女性用露天風呂「姫湯」、少し下に男性用露天風呂「殿湯」があります(画像2)。

 温泉は無色透明ですが、ほんのりと硫黄の匂いがして、灰白色の湯の花が浮いています。湯温は40〜41℃でちょうど良い湯加減でした(画像3)。この日は前日夜に雪が降ったため山に雪が少し積もっていて雪見風呂が楽しめました。

 ここでハプニングが発生。露天風呂に入るときに足元の岩が温泉でヌルヌルだったために足を滑らせ転倒して岩に腰をぶつけ、弾みで手に持っていたデジカメを水没させ壊れてしまいました。次の画像からは携帯のカメラで撮影する羽目になってしまいました。5日たった現在でも腰の痛みが引きません。露天風呂の岩の上を歩くときは滑る危険があるので注意が必要です。

 露天風呂から上がって一旦服を着て来て今度はフロントから階段を上がって内湯に行きました(画像4)。内湯の湯温は41〜42℃で少し熱めでした。温泉は露天風呂と同じで硫黄の匂いがして灰白色の湯の花が浮いてます。それほど長湯はしませんでしたが、温泉成分が強いためか体の芯から温まったようで全身から汗が噴き出してきました。

 坂巻温泉には混浴はありませんが、露天風呂で大自然の景色を眺めながら源泉かけ流しの温泉に入れるのでお勧めです。約1時間ほど滞在して次の温泉に行くことにしました。この日の2湯目の温泉の紹介は次回更新でアップしますのでお楽しみに。

●温泉データ
・施設名:坂巻温泉
・住所:長野県松本市安曇上高地4460
・電話番号:0263-95-2453
・入浴料:大人500円、小人300円
・日帰り入浴時間:露天風呂9:00〜16:00、内湯11:00〜16:00
・休館日:不定休(要問合せ)
・交通アクセス:中部縦貫自動車道高山ICより国道158号線、安房トンネル経由で約50分
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。
・源泉名:坂巻温泉 1号源泉・2号源泉 混合泉
・泉質:ナトリウム・カルシウム―炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
・泉温:67.5℃
・pH値:6.6
・加水:あり
・加温:なし
・循環利用:なし
・消毒処理:なし
・入浴剤の使用:なし
・飲用:可
・温泉施設の内容:男女別浴場、露天風呂
・混浴:なし
・その他:源泉かけ流し

□関連サイト
信州上高地 坂巻温泉旅館 公式サイト
坂巻温泉 - Wikipedia
□関連記事
乗鞍高原温泉 山水館信濃 日帰り入浴
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯
安曇乗鞍温泉「天峰の湯」休暇村 乗鞍高原に日帰り入浴
白骨温泉「泡の湯」に日帰り入浴 混浴でハプニング



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 16:40 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。