混浴温泉露天風呂へ行こう混浴日記 > 新穂高温泉 山本館 混浴露天風呂
2010年04月24日

新穂高温泉 山本館 混浴露天風呂

 2010年4月19日(月)は、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉の混浴を湯めぐりをしました。1湯目は新穂高温泉中尾高原(中尾温泉)にある「山本館」に日帰り入浴してきました。

 山本館は、噴煙ふく焼岳、錫杖、笠岳など雄大な北アルプスが一望できる混浴の大露天風呂が自慢の温泉宿です。

山本館、外観建物玄関
 ※画像1=山本館、外観建物玄関。

山本館、男湯内風呂
 ※画像2=山本館、男湯内風呂。

山本館、混浴露天風呂
 ※画像3=山本館、混浴露天風呂。

混浴露天風呂から見える錫杖岳と同伴した女性
 ※画像4=混浴露天風呂から見える錫杖岳と同伴した女性。

 高山市から国道158号線を走行、新穂高温泉のトンネルを抜け中尾橋を渡って大きな暖簾のある場所から坂を登って中尾高原(中尾温泉)に行くと中尾キャンプ場の手前に「山本館」があります(画像1)。こちらに入浴するのは今年初めてですが過去に何度も入浴しています。高山インターからの走行距離は約54キロ、所要時間は約1時間でした。

 日帰り入浴料金は大人500円です。フロントで料金を払って宿の通路を奥へ歩いていくと男女別の内湯があります。脱衣所のロッカーに鍵がないので貴重品は持ってこないほうが良いでしょう。男湯の内風呂と洗い場です(画像2)。内風呂は岩に囲まれた岩風呂です。

 温泉は無色透明ですが、かすかに硫黄の匂いがしてサラッとしています。この日の湯温は41〜42℃とかなり熱かったです。

 扉を開けて内風呂から階段を下りて行くと露天風呂があります。露天風呂は混浴になっています(画像3)。露天にも男女別の脱衣所がありますが、いつも内風呂の脱衣所で脱ぐので利用したことはありません。

 露天風呂からは雪が積もって真っ白な北アルプス錫杖岳(しゃくじょうだけ)がよく見えます(画像4)。露天風呂の湯温は40℃くらいでちょうど良い湯加減でした。内風呂は小さめでしたが露天風呂は広いのでのんびり入れます。他に入浴客がいなくて二人きりの貸切状態だったので一緒に行った女性はタオルで隠すことなく全裸で入浴しました。当ブログ初の混浴ヌード画像ですが一応ボカシを入れています(笑)

 山本館は、混浴露天風呂で大自然の景色を眺めながら源泉かけ流しの温泉に入れるので、お勧めの温泉宿です。約2時間ほど滞在して次の温泉に行くことにしました。この日の2湯目の温泉の紹介は次回更新でアップしますのでお楽しみに。

●温泉データ
・施設名:山本館
・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾351
・電話番号:0578-89-2504
・入浴料:大人500円
・日帰り入浴時間:11:00〜16:00
・休館日:
・交通アクセス:中部縦貫自動車道高山ICより国道158号線で約60分
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。
・源泉名:中尾温泉1号、5号、6号混合泉
・泉質:単純温泉(低張性中性高温泉)
・泉温:83.5℃
・pH値:6.60
・加水:あり(山の湧き水をうめ水として使用)
・加温:なし
・循環利用:なし
・消毒処理:なし
・入浴剤の使用:なし
・飲用:不可
・温泉施設の内容:男女別浴場
・混浴:露天風呂が混浴
・その他:源泉かけ流し

□関連サイト
新穂高温泉 - 奥飛騨温泉郷
新穂高温泉観光協会(奥飛騨温泉郷)
新穂高温泉 - Wikipedia
□関連記事
新穂高温泉「合掌の森中尾キャンプ場 中尾の湯」混浴オフ会
新穂高温泉 新穂高の湯 夫婦と混浴
新穂高温泉 槍見館 混浴で女性と遊ぶ
新穂高温泉 深山荘 混浴露天風呂で遂に

■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 22:30 | Comment(0) | 混浴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

全ランキングページ