混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 平瀬温泉 藤助の湯 ふじや
2010年05月23日

平瀬温泉 藤助の湯 ふじや

 2010年5月21日(金)は、岐阜県大野郡白川村平瀬にある平瀬温泉「藤助の湯 ふじや」に日帰り入浴してきました。

 藤助の湯 ふじや(とうすけのゆ ふじや)は、世界遺産に登録されている「ひだ白川郷・合掌造り集落」の近くで庄川のほとりに佇む温泉宿です。

本館「ふじや旅館」建物玄関
 ※画像1=本館「ふじや旅館」建物玄関。

藤助の湯 ふじや、浴場洗い場
 ※画像2=藤助の湯 ふじや、浴場洗い場。

藤助の湯 ふじや、浴場内湯
 ※画像3=藤助の湯 ふじや、浴場内湯。

藤助の湯 ふじや、露天風呂
 ※画像4=藤助の湯 ふじや、露天風呂。

 高山市から中部縦貫自動車道・高山インター〜飛騨清見インター〜国道158号線〜荘川町牧戸から国道156号線を走行して白川村の平瀬温泉に入ると「ふじや旅館」があります(画像1)。こちらに入浴するのは初めてですが、平瀬温泉は約5年前に「大白川温泉しらみずの湯」に1度入ったことがあり、白川村の温泉は2009年4月3日の「白川郷の湯」以来1年1ヶ月ぶり3回目です。高山インターからの走行距離は約62キロ、所要時間は約1時間でした。

 日帰り入浴料金は大人1000円ですが、今回は温泉博士2010年6月号の温泉手形を利用して無料で入浴しました。間違えて本館の「ふじや旅館」の玄関から入ってしまいましたが、2階へ上がり通路を渡って行くと新館の「藤助の湯 ふじや」とつながっていて、階段を降りると大浴場の男湯と女湯の入口暖簾がありました。

 脱衣所には脱衣籠のみで鍵付きのロッカーは無いので貴重品は持ち込まないほうが良いでしょう。大浴場は今年の3月〜4月に改装されたばかりでとても綺麗でした。浴場洗い場です(画像2)。

 総ヒノキ造りの内湯です(画像3)。温泉は無色透明でサラッとしています。黒茶色っぽい湯の花がたくさん浮いていて、湯温は40℃くらいでちょうど良い湯加減でした。源泉かけ流しの温泉なのでとても気持ち良かったです。

 内風呂から外に出ると露天風呂があります(画像4)。湯温は40℃くらいでちょうど良い湯加減でした。少し硫黄の匂いがしました。露天風呂は木々に囲まれて庭と言う感じで、残念ながら遠くの山の景色は見えませんでした。

 藤助の湯 ふじやには、混浴はありませんが、貸切露天風呂があるので混浴することが出来ます。ひだ白川郷の合掌造り集落の観光の際に宿泊するのにお勧めの温泉宿です。ゆっくり温泉に浸かり体を洗って約1時間ほど滞在して帰ることにしました。今度訪れた時は新館の玄関から入りたいと思います(笑)

●温泉データ
・施設名:藤助の湯 ふじや
・住所:岐阜県大野郡白川村平瀬325-1
・電話番号:05769-5-2611
・入浴料:大人1000円
・日帰り入浴時間:時間制限、休止あり、要問合せ
・休館日:
・交通アクセス:東海北陸自動車道・白川郷ICより約20分
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。
・源泉名:大白川2号泉、3号泉
・泉質:[2号泉]含硫黄−ナトリウム−塩化物温泉(アルカリ性低張性高温泉)
  [3号泉]含硫黄−ナトリウム−塩化物温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
・泉温:92.5℃(2号泉)、90.9℃(3号泉)
・pH値:8.7(2号泉)、7.9(3号泉)
・加水:なし
・加温:なし
・循環利用:なし
・消毒処理:なし
・入浴剤の使用:なし
・飲用:不可
・温泉施設の内容:男女別浴場、露天風呂あり
・混浴:なし
・その他:貸切露天風呂2、源泉かけ流し

□関連サイト
岐阜 白川郷 平瀬温泉|旅館 藤助の湯 ふじや - 平瀬温泉
平瀬温泉旅館組合 公式ホームページ
白川郷平瀬温泉 - Wikipedia
白川郷観光協会ホームページ
□関連記事
白川郷の湯 世界遺産温泉旅館に日帰り入浴



■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 16:30 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

全ランキングページ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。