混浴温泉露天風呂へ行こう温泉日記 > 臥龍温泉 ひまわり
2011年06月29日

臥龍温泉 ひまわり

 2011年6月28日(火)は、岐阜県高山市一之宮町にある「臥龍温泉 ひまわり」(がりゅうおんせんひまわり)に日帰り入浴してきました。

 臥龍温泉ひまわりは、同町にある幹枝の形が龍の臥した姿に似ていることから「臥龍桜」と名付けられた国の天然記念物に指定されている江戸彼岸桜の名前が由来となっている温泉旅館です。※注意:7月20日で閉館となります。

臥龍温泉 ひまわり、外観建物玄関
 ※画像1=臥龍温泉 ひまわり、外観建物玄関。

臥龍温泉 ひまわり、入口ドアの閉館を知らせる貼紙
 ※画像2=臥龍温泉 ひまわり、入口ドアの閉館を知らせる貼紙。

臥龍温泉 ひまわり、大浴場
 ※画像3=臥龍温泉 ひまわり、大浴場。

臥龍温泉 ひまわり、薬草風呂
 ※画像4=臥龍温泉 ひまわり、薬草風呂。

臥龍温泉 ひまわり、サウナと真清水風呂
 ※画像5=臥龍温泉 ひまわり、サウナと真清水風呂。

臥龍温泉 ひまわり、打たせ湯と露天風呂
 ※画像6=臥龍温泉 ひまわり、打たせ湯と露天風呂。

 高山市街地から国道41号線を名古屋方面に向かって走行すると高山市一之宮町に入ってすぐ国道沿いの左側に「臥龍温泉 ひまわり」があります(画像1)。こちらは以前はよく通ってながらも最近あまり行かなくなりましたが、7月20日で閉館になると聞いて訪れました。高山インターからの走行距離は約10キロ、所要時間は約15分でした。

 入口ドアに閉館を知らせる貼紙が掲示されていました(画像2)。

「ご来館の皆様へ 臥龍温泉ひまわりは、都合により来る七月二十日を似て閉館することになりました。長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。陰ながらご支援下さいました皆様に感謝申し上げます。尚、回数券等特典付きのものにつきましては、当日(七月二十日)までに、ご使用になられますよう、お願い致します。最後に皆様のご健康を記念し、重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。 支配人」

 今年になって回数券の販売が中止になったり、レストランの営業を止めたり、以前より入浴客の数が減ってしまい閉鎖するのではないかと影で噂があったのですが、本当に閉館することになってしまいとても残念です。

 日帰り入浴料金は大人1000円ですが、今回は昨年購入した30回利用できる回数券(1万5千円・1回あたり500円)で入浴しました。また毎月26日は『ふろの日』として入浴料金が半額になっています。さらに誕生日には身分証明書を提示すれば入浴無料のサービスもあります。以前は浴衣とフェイスタオルとバスタオル付きでしたが、燃料代高騰の影響で2008年4月ころから全て別料金となりました。

 男湯大浴場です(写真3)。天井に天窓があって晴れていると陽が射し込みとても明るいです。シャワー付きの洗い場は20ヶ所ほどあり、リンス入りシャンプーとボディシャンプーが備え付けられています。

 温泉は無色透明ですが、少し塩素の臭いがするので循環式だと思います。湯温は41℃ほどで少し熱めです。月変わりの薬草風呂は「どくだみの湯」でした(画像4)。大浴場は他にサウナと真清水風呂(画像5)があり、サウナの後に入るとひんやりとしていてとても気持よかったです。他にあかすりコーナーもあります。

 大浴場から外に出ると打たせ湯と露天風呂があります(写真6)。打たせ湯は水圧が弱いのであまり気持ち良くないです(笑)。露天風呂の湯温は40℃ほどでちょうど良い湯加減で硫黄の臭いが少ししたので露天風呂のお湯は源泉かけ流しなのかも知れません。露天風呂からの景色は敷地内に植えられた樹木と国道41号線を走行する自動車が木々の間から見れるだけで遠くの景色は見れません。

 臥龍温泉ひまわりには混浴はありませんが、高山市内の温泉に入りたい時は気軽に立ち寄れます。約2時間ほど滞在して帰ることにしました。回数券があと1枚残っているので7月20日の閉館までにもう1度最後の入浴に行きます。回数券をお持ちの方は早めに入浴しましょう。公式サイトには閉館について何も記されていません(6月29日現在)

●温泉データ
・施設名:臥龍温泉 ひまわり
・住所:岐阜県高山市一之宮町5525
・電話番号:0577-53-3011
・入浴料:大人1000円、小人600円
・日帰り入浴時間:8:30〜22:00
・休館日:不定休メンテナンス月1回、毎月第3水曜日(特別日の場合は第4水曜)
・交通アクセス:中部縦貫自動車道・高山ICより国道41号線で約15分
◇臨時休館など上記内容が変更になっている場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。
・源泉名:臥龍温泉
・泉質:アルカリ性単純温泉(低張性−中性ー高温泉)
・泉温:40.5℃
・pH値:8.80
・加水:あり
・加温:あり
・循環利用:循環ろ過式?
・消毒処理:塩素系薬剤使用?
・入浴剤の使用:薬草風呂のみ使用
・飲用:不可
・温泉施設の内容:男女別浴場、露天風呂あり
・混浴:なし
・その他:隣接する建物内に中華そば店

□関連サイト
飛騨高山 臥龍温泉 ひまわり 公式ホームページ 日帰り入浴
+++飛騨一之宮観光協会+++臥龍桜
臥龍桜 - Wikipedia
□関連記事
臥龍温泉 ひまわり 満開の臥龍桜を見て日帰り入浴

■混浴女性画像 ⇒Ranking
旅行ブログ 温泉・温泉街
posted by 混浴紳士 at 15:00 | Comment(0) | 温泉日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

全ランキングページ